銀行カードローンなら総量規制対象外です。

総量規制はなぜ必要か

仮に総量規制がなかったとした場合でも、借金を計画的に返済する事ができる人が大多数なのであれば、総量規制は借金をする自由や権利を奪う事になるので不要だと思います。あまり過度な制限をかけるべきではないでしょう。

 

しかし現実の社会では、総量規制という法律がなかったために借金を返済できず、その結果多重債務に陥り、自己破産をせざるを得なくなる人が増えています。個人の意思とは別に、返済という現実に迫られ、借金返済のために返済を繰り返す自転車操業になってしまうケースが少なくなかったからです。

 

バブルの頃の景気の良かった時代とは違い、遊興費のためではなく、日々の生活費のために借金をしている人が多くなっているそうです。もちろん生活費のためであっても、借金は返済しなくてはなりません。

 

返済をする立場から見ると、収入がそれなりにあったとしても、収入の中で借金の返済にあてられる額は、その三分の一が限度だと思います。

 

借金を返済できず、自己破産に至る人の増加を防ぐためには、その入り口で総量規制をする事は大変意味のある事だと思います。